レーザー脱毛と敏感肌

敏感肌でもレーザー脱毛できる?

脱毛を考えたとき、まず一番に考えるのが「レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、どちらがいいの?」ということ。

 

レーザー脱毛は医療機関でしか行えないので、肌に優しいようなイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

 

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも永久脱毛性が高いと聞いたことはありませんか?

 

レーザー脱毛は光を当てることで毛根を破壊することでムダ毛を脱毛します。
毛根を燃焼させるだけあって、光を当てた時、痛みが伴うことは言うまでもありません。

 

よく輪ゴムではじかれたくらいの痛みと言われていますが、生理前の肌が敏感な時などは痛みが倍増したように感じることもあるそうです。

 

また施術後は肌表面の温度も上昇するため、肌を冷やして炎症を防ぐ必要があります。

 

肌の弱い人は毛穴がプツプツと赤くなって、数日間赤みが引かないこともあります。

 

場合によって、肌の内部で炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)という症状を引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう。
結婚式や水着になる機会があるなど、特別な予定のためにレーザー脱毛をする場合、あらかじめこうしたダウンタイムを考慮し、前倒しして脱毛の計画を立てるべきでしょう。

 

レーザーの照射は肌を乾燥させるため、乾燥肌やアトピー肌の方は施術を断られることもあります。
レーザーが直接アトピーを悪化させるわけではありませんが、肌の乾燥はアトピーの大敵でもあるため、術後に正しい保湿ケアを行う必要があるということを覚えておきましょう。

 

肌トラブルが悪化するのが心配…という方はレーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛などの肌に優しい脱毛方法をオススメします。