フラッシュ脱毛と敏感肌

敏感肌も、フラッシュ脱毛なら安心?

今、主流になりつつある脱毛方法がフラッシュ脱毛(光脱毛)です。
最近、増えてきた脱毛専門サロンはすべてこのフラッシュ脱毛方法を採用しています。

 

フラッシュ脱毛もメラニン色素を含む黒い色に反応する光を当てて毛根に作用し、脱毛するという原理はレーザー脱毛と変わりません。
ただし、医師免許のないエステティシャンが施術するため、毛根を破壊するレーザーほどの照射パワーはありません。

 

そのため、永久脱毛性はレーザー脱毛に比べると劣ると言えるでしょう。

 

フラッシュ脱毛の光はクリニックやエステサロンで使用されている光美顔の光と同じタイプです。

 

肌のくすみを改善したり、肌内部でコラーゲンが生成される機能にアプローチするため、ハリのある明るい肌に近づくこともできます。

 

ワキやデリケートゾーンなど、自己処理で色素沈着を起こしてしまった箇所もフラッシュ脱毛することで肌がきれいになってきたという人もいるようです。

 

フラッシュ脱毛もレーザーと同様、施術後、肌が乾燥します。
サロンの中には保湿ジェルを使いながら施術するところもありますが、自宅でもしっかり肌を保湿したり、紫外線を浴びないようにするなどセルフケアも必要です。

 

ほとんど肌トラブルを起こす心配がないフラッシュ脱毛ですが、アトピーの湿疹やニキビができている箇所などには照射できません。
また、光アレルギーがある場合もフラッシュ脱毛の施術を受けることはできません。

 

契約してしまってから、アレルギーがあることが分かっても返金してもらえないサロンもあるので、肌が弱い方は必ずテスト照射してトラブルが起こらないことを確認してからコースの契約をするようにしましょう。