敏感肌と顔脱毛

今、流行りの「顔脱毛」、をフラッシュ脱毛でしてはいけない理由。

脱毛サロンでの脱毛といえば、ワキや手足といった体のパーツが一番に思い浮かびますが、最近は顔のムダ毛を脱毛する顔脱毛のコースも人気を呼んでいます。
顔のムダ毛はもともとそれほど濃くありませんが、脱毛することで顔色がぱっと明るくなり、あか抜けて見えます。

 

またムダ毛がなくなることで毛穴が引き締まるため、肌のキメが整うというメリットもあります。

 

ただし、敏感肌の方が顔脱毛をする場合、肌に優しいと言われているフラッシュ脱毛でも肌トラブルを起こすこともあるので注意が必要です。

 

敏感肌の場合、施術後の痛みや赤み、肌の乾燥など、普通肌の方には起こらない症状が出ることもあるのです。

 

また顔のムダ毛は色素の薄い産毛が多く、フラッシュの光がなかなか反応しないため、照射レベルを上げて施術しなければならないケースもあります。

 

無理に強いフラッシュの光を当てるとやけどのような症状を起こしてシミになってしまうこともあるので、様子を見ながら照射レベルを調整しなければなりません。

 

ハイパースキン脱毛ならフラッシュ脱毛では断られることの多い、眉毛の上、眉間、鼻の下なども痛みゼロできちんとケアすることができます。
また、ハイパースキン脱毛の光はエステの美顔にも使用されるフォトフェイシャルの光を含んでいるので、脱毛しながら美肌をゲットすることができるのも特徴でしょう。

 

体と比べて、顔の皮膚は薄く、痛みを感じやすいパーツでもあります。スキンケアしながら、ムダ毛のないつるつる肌が手に入るハイパースキン脱毛で、あなたもあか抜け肌を目指してみませんか。